いま、会いにゆきます

雨の日が続いています。

そんな雨の日を充実させるために、
連休中にDVDを借り、「いま、会いにゆきます」を見ました。
主題歌の「花」は子どもたちも大好きな歌ということもあり、
家族全員(小5~年長まで)一緒に見ました。

これだけ「雨」のシーンの多い映画も珍しいかもしれません。
佑司がタイムカプセルを隠した場所では、
がらくたの中に、雨といの部材も出てきます。

雨の季節を大切にしたいですね。



by ame-no-michi | 2005-10-11 06:48 | 雨のみち | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : https://amenomichi.exblog.jp/tb/1965737
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by arinsu-15 ナツコ at 2005-10-12 06:07 x
初めてお伺いします。
訪問していただき、ありがとうございました。
「雨といパッコン」は、私のお気に入りなんですよ!
一度、庭の取材でいらした「ドゥーパ」の編集部の方も、自宅につけているそうで、思わず意気投合してしまいました(笑)

「いま、会いにゆきます」、私も見ましたが、あのガラクタの中に雨といの部材もあったなんて、全く気がつきませんでした。
yanさんは、雨といをたいへん愛していらっしゃるんですね。
「雨といぱっこん」を今まで以上に大切にすると約束しますー☆
これからも、仲良くしてくださいね。
よろしくお願いいたします(^^)
Commented by ame-no-michi at 2005-10-12 08:32
ナツコさん
コメントありがとうございます。
パッコンをご利用いただき、
雨水生活をされていることを大変嬉しく思います。
パッコンをつけてから「雨」に対する思いに変化はありましたか?

ドイツには既に20年以上前から「パッコン」のような
商品は存在しています。

そこで日本でもと考え、7年くらい前から市場に提供しております。
おかげさまで1万台をはるかに越える台数を出荷させていただきました。

ちなみにドイツの建築家の方は「パッコン」を
雨水利用のオールドスタイルと言っていました。

また「パッコン」というネーミングですが、
このブログをご覧になっている方のひとりが名付け親です。
Commented by arinsu-15ナツコ at 2005-10-13 02:30 x
今晩は!
そうだったんですかー
家を建てたのが、4年前になりますから「雨といパッコン」との付き合いもその頃からになります。

「雨」には、日本的な独特の情緒を感じるので、以前から好きでした。
変化と言えば、「雨といパッコン」をつけて、ますます雨が好きになったことぐらいでしょうか(笑)!
本当は、もっと本格的な貯水タンクを設置したかったのですが、予算の関係であきらめたのです。
当初、植物の水遣りにでも使おうかと、思い、「雨といパッコン」の下に水がめを置きました。
そのうち、メダカや金魚が住むようになり、今に至っています。
予想以上にたくさんの雨水が溜まることに、驚いています。
勿論、今の水がめでは、すぐに溢れ出てしまうのですけれど・・・。勿体無いので、何かもっと有効に使えるようにしようか~と、夫とも話しあっているところなんですよ。

ブログの読者さんが、名付け親だったなんて意外でした!
たいへん良いネーミングだと思います。
Commented by hanahana6655 at 2005-10-15 10:57
映画が見ていませんが、テレビを見てから本も読みました。。。
でも、見ている場所が違いますね。
全然気づきませんでした。でも、雨ってステキだと思います。
Commented by ame-no-michi at 2005-10-16 21:47
ナツコさんコメントありがとうございます。
既に4年もお使いいただいているんですね。
ありがとうございます。

パッコン のネーミングへのコメントもありがとうございます。
実際にお使いいただくと、このネーミングに意図も更に理解いただけると思います。
Commented by ame-no-michi at 2005-10-16 21:50
hanahanaさんコメントありがとうございます。

視点が違うというお話ありがとうございます。
こうしてブログをするようになってから、
普段なかなか気づかない新たな視点を頂けることが嬉しいです。

時々、hanahanaさんのブログの写真も拝見していますが、
そのアングルいつも勉強させていただいています。
様々な視点を持つことって大事ですね。

日々心動かされたことを記していきます
by ame-no-michi
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

フォロー中のブログ

BUILTLOGIC/創作日誌
K+Y アトリエ一級建築...
続・U設計室web diary
薪ストーブ大好き
ひとりごと
時々日記
本間至/ブライシュティフ...
”まちに出た、建築家たち...
「人と地球にやさしい建築...
「明日のいろは」あすなろ...
Rough&Ready(...
住と豆 studiosoy
アドさんの東奔西走記
NOBEX 私信
エコ花の自然素材でつくる木の家
はなおか日和
石井秀樹建築設計事務所
週末は晴れても、雨でも
大和にある青木工務店社長の日記
社長日記 国ちゃんの家造り
家-ie-のこと研究所
株式会社 ラック・プラン...
『スタッフ日記』
南信州木楽日記
IKEDA隊長BLOG
成長する家 子育て物語
ゆっくり、つながって
か ん ば ら 日 記
マイルスくんが行く(マイ...
一年三六五枚
断熱屋のぼやき
NAGASAKAGUMI...
小池一三の週一回
ひと・環境計画のエコ姫ブログ
雑木林の家から-nishio
最新ニュース
村田淳建築研究室 対話
PRESS ROOM!!!
鈴木工務店ブログ
篤噺しー村松篤設計事務所...
Ms日記
製作所的日常  かねこ建...
阿蘇ぐらし・熊本ぐらし ...
池田建築店  別紙
g_sign
大西麻貴 + 百田有希
島田博一建築設計室のWE...
hotelli aalt...
広島の高性能住宅 by ...
エヌテック スタッフブログ
akimichi des...
colors of life
カヅノキ日和
たのしいけんちくを、もっ...
いえづくりん
たなか新聞
SADI通信
みすみたてあきのブログ
今井ヒロカズ設計事務所
横内事務所のメモランダム
無垢の木の家・古民家再生...
代表ノサカの作業着スタイル。
ML日誌
日日日影新聞 (nich...
日々
片付けたくなる部屋づくり
国産材・県産材でつくる木...
a piece of d...
淵上正幸の日々建築漬け
山崎壮一のブログ  so...
創造の加子母(かしも)っ...
野崎哲郎建築設計事務所 ...
sato-blog
Camphortreeの日常
ココチいい木の家をつくろ...
吉田建築計画事務所 -日記-
株式会社 郡司建築
村田淳建築研究室 つれづれ
暮らしをつくる、DIY*...
高知・(有)山陽工務店の仕事
やんちゃな小哲日記
*Lotus Ring*
iPhoneで撮る建築写...
ギャラリー上り屋敷
あさひワークスの心地よい...
堀井工務店ブログ
木のいえブログ
ベガラン 
Cafe Dining ...
Maki's Diary
屋上niwa 屋上庭園
design room OT3
AIBA放送 Say Y...
Keriworks diary
KUMA LAB BLOG
女性建築家の本当に暮らし...
はじめの一歩
欅がるてん
VEGAHOUSE BLOG
現場のことは俺に聞け!~...
ココラボ通信設置店よりお...
荻野風景日記
ikuzzak arch...
あいらば
暮らしを奏でる家づくり
HIGE WAN HOM...
亀山建築から発信するすま...
暮らしの工房 blog
Home Doctor ...
イシハラスタイル
みのわ建築設計工房 blog
ヒデキチズム
大野建設の熊谷市注文住宅展示場
yurari
kokolab
島田市 / ここらぼの家
大野建設の行田市注文住宅...
こなから建築工房 徒然日記
ほしかわ工務店ブログ
アトリエMアーキテクツの...
ちいきのびお 浜松
50代からの家づくり。

最新のコメント

真紀ちゃん、了解です ..
by ame-no-michi at 09:24
音読、BGM付きの雨くん..
by まきまき at 22:05
高山さん 本&コメント..
by ame-no-michi at 09:09
ご紹介いただきまして恐縮..
by 髙山英男 at 08:46
私と同年代 本当に残念..
by ame-no-michi at 14:54
こちらこそありがとうござ..
by ame-no-michi at 14:53
このマンホールはさくらも..
by atelier-m-archi at 11:17
今年も静岡まで、ありがと..
by atelier-m-archi at 11:13
> ito-kanさん ..
by ame-no-michi at 08:05
谷田さん、足を運んで頂き..
by ito-kan at 19:31