経営塾

昨日、月3日、1年間H部長の参加した経営塾の最終講がありました。ドラッカーのマネジメントを中心とした内容です。多くのことを吸収、学んだようなので、社内でも発表する機会を設けたいと思います。年間36日というかなりの日数をかけての研修ですが、学ぶことも多く、一部は実戦にも活かされてきています。今後の活躍に期待したいと思います。



# by ame-no-michi | 2005-03-21 07:16 | マネジメント | Trackback | Comments(0)

卒園式

今日は区立幼稚園の卒園式に参列しました。卒園児全員が証書を頂いたあと、会場に向かって「夢」を語ります。ケーキ屋さん、水泳選手、白バイ隊員など様々です。聴いていると心の中が温かくなる、何かこみ上げてくるものを感じました。挨拶の際には、子どもたちに「大人に力を与えてくれる力がある」と話をし、参列する大人には、「安心して夢を抱ける社会をつくることが我々大人の責任だ」と話をしました。今年で3年目ですが、いつも感動させられています。



# by ame-no-michi | 2005-03-17 12:48 | 教育 | Trackback | Comments(0)

オキナワの家

d0004728_625839.jpgオキナワの家という絵本のような建築の本が昨年末に発売になりました。(シリーズもので3冊既刊しています)この著者である建築家伊礼智先生とちょっとした縁でつながりを持つことが出来ました。しかも嬉しいことに、私の送ったハガキをご自身のブログにUPしてくれています。下旬にはお会いすることとなっており、今から楽しみにしております。沖縄で雨水のことを「天水」といいますが、この表現が大好きです。今でもお茶を入れるのは雨水が良い(純水に近いのでお茶の成分が抽出されやすい)とおっしゃるお年寄りの方もあるようです。降雨量は多いが、島国なので保水量が少なく水不足が起こりやすい沖縄。雨とのつき合い方も都会と違って良いですね。

 伊礼智先生のブログ  http://irei.exblog.jp/2154023/



# by ame-no-michi | 2005-03-16 12:50 | 読書・映画 | Trackback | Comments(0)

コナラの雨のみち

週末、息子を連れて妙高高原へ行って来ました。知り合いの所有する森を地元の方に案内してもらいました。その森を管理されている方の話によると、コナラの木にも雨のみちがあるとのこと。確かに見てみるのその幹には縦の筋が何本も入っています。理由は降った雨を葉が受けてなるべく根本に持ってくるためだそうです。また、その幹の雨のみちはバクテリアが活性化しやすく、そのまま根本に流れるために土が良い状態になりやすいそうです。炭焼き職人は森に籠もる際に、近くに水場がないと、コナラの木を探して、この雨のみちから飲料水を拝借するそうです。森の力を感じた1日でした。



# by ame-no-michi | 2005-03-15 12:53 | 雨のみち | Trackback | Comments(0)

子どもによい機会を与える

妙高高原の第2弾。初めて板をつけて雪の森を歩きました。かかとが浮くタイプのスキーで裏には前方向にしか進まないような滑り止めをつけています。5才の息子にとっては全てが初めての経験。森の中心へと歩いていくのですが、アップダウンもあり結構大変だったと思います。インストラクターの方などに助けられながら、何度も転倒しながらなんとか目的地までたどり着きました。そこでは簡単な斜面をつくって滑っては登ることを繰り返し思いの外、上達したようです。インストラクターの方が「子どもにはスキー学校はいりませんね」といっていたのが印象的です。雪の森を歩く一日で学んだことは、スキーが出来るようになるだけでなく、いわゆる「生きる力」に通じるものを感得できたと思います。我ながら息子を見直した、というか「親はなくとも子は育つ」を実感した一日でした。子どもに良い機会を与える。良い機会だということを良く確認した上で、こどもに良い経験をしてもらう。これが親の役目ですね。帰りの車の中では、さすがに疲れたようで、ずっと寝ていました。



# by ame-no-michi | 2005-03-15 12:52 | 教育 | Trackback | Comments(0)

世界を変えるお金の使い方

d0004728_613421.jpg普段いかにお金に振り回されているかを感じさせる著書です。お金を使う=意志を表明すると考えると、ひとり一人の行動が世界を変えることにつながります。人としてどのような考えを持ってお金を使うべきか考えさせられる内容です。編集された山本先生が「書店には金儲けなどお金を増やす本は数多くあるが、社会貢献のためにどう使うべきかを記したものはほとんどない」と述べられている。そのとおりだと思います。こうした著書に取り上げられるような活動を企業でも進めたいですね。



# by ame-no-michi | 2005-03-15 12:51 | 読書・映画 | Trackback(1) | Comments(0)

山と川と海

今日の昼食時には表題の話で盛り上がりました。私は山なのか川なのか海なのか?そう考えると川といったイメージです。もう少しこの考え方を深めていきたいと思います。



# by ame-no-michi | 2005-03-13 12:54 | private | Trackback | Comments(0)

ワークアウト

昨日はワークアウトを行いました。初めての試みでしたが、充実した75分間を過ごすことが出来ました。この会議で決まった成果は、会議室18個分の不良在庫の処分が決まったことです。この10名のメンバーに感謝しています。夜は兄弟会社の役員たちと飲みましたが、ワークアウトの話がそこここで出ていたようです。継続開催出来る体制を創ることが私の仕事ですね。



# by ame-no-michi | 2005-03-12 12:53 | マネジメント | Trackback(1) | Comments(0)

夢を語る

ある勉強会で数年後に父親の経営する会社の方のお話を聴く機会がありました。10名足らずの社員数で行っている仕事は地盤改良関係の機械の先端につく道具(ロッド)を製造しています。その彼は「自然と調和のとれた新しい建造物が生み出され、より豊かな生活に寄与できる」と語ってくれました。ベイブリッジもアクアラインの海ほたるなどもこのロッドがあって初めてスタートするとのこと。誇りを持って仕事に取り組んでいる姿、格好良かったです。そんな彼をその場で承認しました。



# by ame-no-michi | 2005-03-10 12:54 | マネジメント | Trackback | Comments(0)

区民栄誉賞

共に働く方のご子息(中学生)が土曜日に発表になった区民栄誉賞の奨励賞を受賞されました。作文があるコンクールの中学生部門で優秀賞を取った事が理由です。昨日出張先から本件に対してメールを送り、今日会った際におめでとうと伝えました。メールは自宅で確認していたようで、息子もメールを喜んでいたとのこと。



# by ame-no-michi | 2005-03-09 12:56 | 教育 | Trackback | Comments(0)

日々心動かされたことを記していきます
by ame-no-michi

フォロー中のブログ

irei blog
OMソーラーの家「Aib...
中里のひとり言
楽家記(らくがき)
K+Y アトリエ一級建築...
続・U設計室web diary
三代目のダイアリー
薪ストーブ大好き
時々日記
本間至/ブライシュティフ...
i+i
駿河木の家日記 sur...
”まちに出た、建築家たち...
「人と地球にやさしい建築...
NLd-Diary
建築家とつくる木の家 光...
サポーズ日和
「明日のいろは」あすなろ...
家づくり西方設計
伊藤寛のblog
ShopMasterのひ...
SAREX事務局ブログ ...
野沢正光建築工房BLOG
na blog
Rough&Ready(...
住と豆 studiosoy
アドさんの東奔西走記
NOBEX 私信
新建工舎設計の家づくり
エコ花の自然素材でつくる木の家
はなおか日和
石井秀樹建築設計事務所
大和にある青木工務店社長の日記
鯰組 ブログ
社長日記 国ちゃんの家造り
家-ie-のこと研究所
『スタッフ日記』
南信州木楽日記
IKEDA隊長BLOG
成長する家 子育て物語
ゆっくり、つながって
か ん ば ら 日 記
マイルスくんが行く(マイ...
一年三六五枚
断熱屋のぼやき
ノグチのグチ
小池一三の週一回
ひと・環境計画のエコ姫ブログ
飯田亮建築設計室×COM...
雑木林の家から-nishio
最新ニュース
村田淳建築研究室 対話
PRESS ROOM!!!
駿河工房設計室
鈴木工務店ブログ
Ms日記
製作所的日常  かねこ建...
阿蘇ぐらし・熊本ぐらし ...
池田建築店  別紙
g_sign
大西麻貴 + 百田有希
島田博一建築設計室のWE...
hotelli aalt...
最高の家作り by ST...
エヌテック スタッフブログ
akimichi des...
colors of life
カヅノキ日和
たのしいけんちくを、もっ...
いえづくりん
たなか新聞
カナデるブログ
SADI通信
みすみたてあきのブログ
今井ヒロカズ設計事務所
横内事務所のメモランダム
無垢の木の家・古民家再生...
代表ノサカの作業着スタイル。
四代目社長のまじめな木の...
ML日誌
日日日影新聞 (nich...
promostyl JA...
片付けたくなる部屋づくり
「木の家づくり」奈良の設...
a piece of d...
山崎壮一のブログ  so...
創造の加子母(かしも)っ...
野崎哲郎建築設計事務所 ...
sato-blog
Camphortreeの日常
ココチいい木の家をつくろ...
吉田建築計画事務所 -日記-
株式会社 郡司建築
村田淳建築研究室 つれづれ
暮らしをつくる、DIY*...
高知・(有)山陽工務店の仕事
やんちゃな小哲日記
*Lotus Ring*
iPhoneで撮る建築写...
ギャラリー上り屋敷
あさひワークスの心地よい...
堀井工務店ブログ
木のいえブログ
ベガラン 
Cafe Dining ...
Maki's Diary
屋上niwa 屋上庭園
design room OT3
AIBA放送 Say Y...
Keriworks diary
KUMA LAB BLOG
女性建築家の本当に暮らし...
はじめの一歩
欅がるてん
vega blog
暮らしの工房日記
現場のことは俺に聞け!~...
ココラボ通信設置店よりお...
荻野風景日記
ikuzzak arch...
あいらば
暮らしを奏でる家づくり
HIGE WAN HOM...
亀山建築から発信するすま...
暮らしの工房 blog
イシハラスタイル りすさ...
みのわ建築設計工房 blog
ヒデキチズム
大野建設の熊谷市注文住宅展示場
kokolab
島田市 / ここらぼの家
大野建設の行田市注文住宅...
こなから建築工房 徒然日記

最新のコメント

最新のトラックバック

66,000km
from Yan's diary
63,000km
from Yan's diary
62,000km
from Yan's diary
61,000km
from Yan's diary
60,000km
from Yan's diary
59,000km
from Yan's diary
58,000km
from Yan's diary
57,000km
from Yan's diary
56,000km
from Yan's diary
今日のゴーヤー(0625)
from Yan's diary

ファン