<   2010年 11月 ( 33 )   > この月の画像一覧




土建築の豊かな世界

d0004728_22202394.jpg
ひと・環境計画濱田さんより案内をいただいていた出版記念シンポジウム。
当初あった予定がキャンセルになり、参加してきました。

基調講演は「土・建築・環境」の著者であるゲルノート・ミンケ先生。
カッセル大学の名誉教授です。濱田さんは大ファンで、ドイツ語の著書を持参して来られていました。

地域にある素材をあまりエネルギーを付加することなる使い、
その時が来れば、こわして再利用が出来る。
そんな素朴である意味あたり前な素材を、ミンケ先生は大切に考え、関わってこられています。
1棟目、2棟目の自邸も土建築。
現在のお住まいは、まるで丘の中に住まいがあるような雰囲気です。


活動報告として日本の方からもお話がありました。

代沢の家を見学させていただいた萩野紀一郎さんからは、
輪島の土蔵の修復事業の報告がありました。

アトリエ・天工人の主宰、山下保博さんからは、現在建築中の土建築の話がありました。
写真で見る限りでは、通常の住宅街にこじんまりした平屋の土建築が2月末に完成予定とか。
「完成現場見学会、行ってみたいね」
隣りに座られていた植久さんとの会話です。ぜひ都合をつけて行ってみたいと思います。



by ame-no-michi | 2010-11-30 22:48 | 建築 | Trackback | Comments(2)

東大近くの支那虎

d0004728_13222087.jpg

野菜つけめん。かなりのボリュームです。これからセミナーに参加します。



by ame-no-michi | 2010-11-30 13:22 | | Trackback | Comments(0)

丸の内

d0004728_23581882.jpg
d0004728_23582865.jpg
もうすぐ師走。
街はクリスマスです。



by ame-no-michi | 2010-11-29 23:59 | private | Trackback | Comments(0)

環境書道展の表彰式に行ってきました

d0004728_2228452.jpg
第6回日本芸術文化環境書道展の表彰式に行ってきました。

d0004728_22285957.jpg
今年は3,000作品を超える応募があり、その中から200作品ほどが選ばれました。

d0004728_22294380.jpg
雨のみち賞はこちらの作品。
小学校2年生の女の子です。
気持ちの良さそうな「そら」ですね。

d0004728_2231770.jpg
こちらはエコミックス賞。
協賛企業の社長はNYC出張中のため、私が代読して表彰状をお渡ししました。

d0004728_22322192.jpg
東京都教育長賞の作品。小学校1年生です。
力強さを感じます。
自然エネルギーだけで生活できる世の中にしていかなければいけませんね。


なお都内在住の方の受賞作品は
11/30まで東京芸術劇場の5階で 展示会 を行っています。
大きなエスカレーターを上がったところが会場です。
ぜひお立ち寄りください。



by ame-no-michi | 2010-11-27 22:37 | 雨のみち | Trackback | Comments(4)

建築知識ビルダーズ 2011 Winter No.3

d0004728_2238419.jpg

d0004728_2239265.jpg

d0004728_22391746.jpg

d0004728_22445382.jpg
素材巡礼の記事が掲載されています。
ぜひご覧ください。

「仲間」になるといい事があるようです。


建築知識ビルダーズ No.3

美人ん?編集長のブログ



by ame-no-michi | 2010-11-26 22:50 | 建築 | Trackback(1) | Comments(0)

業界の40周年記念式典に参加しています

d0004728_16155190.jpg

自民党会館に初めて入りました



by ame-no-michi | 2010-11-26 16:15 | マネジメント | Trackback | Comments(0)

ほしいものを、ほしい時に、ほしい人から買う

元リッツカールトンホテルの日本支社長だった高野登さんの講演に参加する機会がありました。


心に寄り添うことの大切さと難しさ。
 *日常生活から習慣づける必要があること


サービスは、提供する側が決め、それをお客様が購入するもの。
約束したものを提供するので、誰でも同じような対応ができるようマニュアルが大切。
結果として満足を提供できる、もっと頑張れば大満足も。但し、お客様は大満足にも慣れてしまう。


ホスピタリティとは、お客様の心に自らの心を添えること。
このような感性を磨くためには、日々、良い事例を共有することが大切。
お客様の投げかける小さな絆の糸に気づき、受け止める感性を磨きつづける。
小さくとも、お客様の心を動かす物語を作る。
長年にわたって繰り返すことでお客様と強い絆ができる。

現在、リッツカールトンホテルでは、
お客様と情緒的な絆ができあがっているES(EngagedCustomer)が増えているようです。

早速著書も購入。2冊読みました。
d0004728_1533791.jpgd0004728_15331879.jpg
















絆が生まれる瞬間                ホスピタリティノート



by ame-no-michi | 2010-11-25 15:37 | マネジメント | Trackback | Comments(2)

大洗に来ています

d0004728_11144184.jpg

波乗りに来たわけではありません(笑)。



by ame-no-michi | 2010-11-23 11:14 | 建築 | Trackback | Comments(2)

デジカメが見当たらない

日曜日からデジカメが見当たりません。
いつもは2~3日で出てくるんですが・・・。
携帯やマイ箸同様、いつも持ち歩いているので、
持っていないだけでちょっと不安になります。

そろそろ替えどきなんでしょうか?

今だったら何を買ったらいいのか?
ミラーレース一眼でしょうか?



by ame-no-michi | 2010-11-22 19:40 | private | Trackback(1) | Comments(2)

丁稚のすすめ

土曜日、秋山木工代表の秋山利輝さんのお話を伺う機会がありました。
今までに出会ったことのないタイプの経営者でした。
・入社したら全員坊主(男女構わず)
・4年間の丁稚として盆暮れの休み以外は一緒に生活
・恋愛ご法度(発覚すると即クビ)
・携帯電話禁止

d0004728_21244654.jpg
早速その場で、著書「丁稚のすすめ」を購入。今朝、読みました。

・坊主→職人として働く覚悟を決めさせる
・4年間住み込みは人間性を高めるために必要な期間
・丁稚が終われば、恋愛奨励
・手紙(礼状や両親への報告など)は積極的に書かせる

中学二年生まで自分の名前が漢字でかけなかった秋山氏。
中学卒業後、丁稚となり、家具職人の道へ。
27歳で会社を立ち上げ、既に40年。
かつて、丁稚を一人で育て上げられると思っていた時もあったが、
①丁稚のひたむきさ②親や恩師への愛③会社の真摯さ
この三位一体があってはじめて職人が育てられると考えるようになったそうです。

採用は命がけ。
最後まで全うできる子かを見極める。磨けば光る原石を見つけなければならない。

一流の職人になるためには、人間的にも成長しなければならない。
心が一流なら、技術も必ず一流になる。
家具づくりよりも職人づくり 世の中に通用する職人を育てて、世の中に貢献したい。

現在の就職倍率は10倍。これが100倍になったら学校にしたいと考えているそうです。


「天命に生きる」


購入した本の最後のページにはご本人のサインとともに書かれていました。



by ame-no-michi | 2010-11-21 21:25 | マネジメント | Trackback | Comments(6)

日々心動かされたことを記していきます
by ame-no-michi

フォロー中のブログ

irei blog
OMソーラーの家「Aib...
中里のひとり言
楽家記(らくがき)
K+Y アトリエ一級建築...
続・U設計室web diary
三代目のダイアリー
薪ストーブ大好き
時々日記
本間至/ブライシュティフ...
i+i
駿河木の家日記 sur...
”まちに出た、建築家たち...
「人と地球にやさしい建築...
NLd-Diary
建築家とつくる木の家 光...
サポーズ日和
「明日のいろは」あすなろ...
家づくり西方設計
伊藤寛のblog
ShopMasterのひ...
SAREX事務局ブログ ...
野沢正光建築工房BLOG
na blog
Rough&Ready(...
住と豆 studiosoy
アドさんの東奔西走記
NOBEX 私信
新建工舎設計の家づくり
エコ花の自然素材でつくる木の家
はなおか日和
石井秀樹建築設計事務所
週末は晴れても、雨でも
大和にある青木工務店社長の日記
鯰組 ブログ
社長日記 国ちゃんの家造り
家-ie-のこと研究所
株式会社 ラック・プラン...
『スタッフ日記』
南信州木楽日記
IKEDA隊長BLOG
成長する家 子育て物語
ゆっくり、つながって
か ん ば ら 日 記
マイルスくんが行く(マイ...
一年三六五枚
断熱屋のぼやき
ノグチのグチ
小池一三の週一回
ひと・環境計画のエコ姫ブログ
飯田亮建築設計室×COM...
雑木林の家から-nishio
最新ニュース
村田淳建築研究室 対話
PRESS ROOM!!!
駿河工房設計室
鈴木工務店ブログ
Ms日記
製作所的日常  かねこ建...
阿蘇ぐらし・熊本ぐらし ...
池田建築店  別紙
g_sign
大西麻貴 + 百田有希
島田博一建築設計室のWE...
hotelli aalt...
最高の家作り by ST...
エヌテック スタッフブログ
akimichi des...
colors of life
カヅノキ日和
たのしいけんちくを、もっ...
いえづくりん
たなか新聞
SADI通信
みすみたてあきのブログ
今井ヒロカズ設計事務所
横内事務所のメモランダム
無垢の木の家・古民家再生...
代表ノサカの作業着スタイル。
四代目社長のまじめな木の...
ML日誌
日日日影新聞 (nich...
片付けたくなる部屋づくり
国産材・県産材でつくる木...
a piece of d...
山崎壮一のブログ  so...
創造の加子母(かしも)っ...
野崎哲郎建築設計事務所 ...
sato-blog
Camphortreeの日常
ココチいい木の家をつくろ...
吉田建築計画事務所 -日記-
株式会社 郡司建築
村田淳建築研究室 つれづれ
暮らしをつくる、DIY*...
高知・(有)山陽工務店の仕事
やんちゃな小哲日記
*Lotus Ring*
iPhoneで撮る建築写...
ギャラリー上り屋敷
あさひワークスの心地よい...
堀井工務店ブログ
木のいえブログ
ベガラン 
Cafe Dining ...
Maki's Diary
屋上niwa 屋上庭園
design room OT3
AIBA放送 Say Y...
Keriworks diary
KUMA LAB BLOG
女性建築家の本当に暮らし...
はじめの一歩
欅がるてん
vega blog
暮らしの工房日記
現場のことは俺に聞け!~...
ココラボ通信設置店よりお...
荻野風景日記
ikuzzak arch...
あいらば
暮らしを奏でる家づくり
HIGE WAN HOM...
亀山建築から発信するすま...
暮らしの工房 blog
イシハラスタイル
みのわ建築設計工房 blog
ヒデキチズム
大野建設の熊谷市注文住宅展示場
kokolab
島田市 / ここらぼの家
大野建設の行田市注文住宅...
こなから建築工房 徒然日記
アトリエMアーキテクツの...

最新のコメント

相模原市などで地域経済紙..
by 相模経済新聞 芹澤康成 at 15:54
こちらこそよろしくお願い..
by ame-no-michi at 14:37
お返事ありがとうございま..
by naho-oohhaann at 15:41
お返事ありがとうございま..
by naho-oohhaann at 15:41
コメントありがとうござい..
by ame-no-michi at 09:10
初めまして。 こちらの..
by naho-oohhaann at 16:48
床下暖房のその後の様子、..
by ame-no-michi at 08:56
雨の中をお越しいただきあ..
by kokyu-ie at 09:45
心配ですね、、、少しでも..
by ktcうちだ at 11:48
こちらこそありがとうござ..
by ame-no-michi at 09:19