<   2010年 10月 ( 44 )   > この月の画像一覧




尾張町家

d0004728_11351412.jpg
尾張町家を見学してきました。残すところあと1区画のようです。
d0004728_11352614.jpg
緩勾配で南側に向かって下っていく屋根。
落ち着いた街並みに見えます。まとまって建っていると見え方も違ってきますね。
d0004728_11354414.jpg

d0004728_1136167.jpg

d0004728_11361634.jpg


建築家の趙海光さんが設計された現代町家の、確か第1段だったと記憶しています。
今では全国各所に現代町家が建てられています。

デザインされた建物が増えると街が豊かになる。そんな期待を感じました。



by ame-no-michi | 2010-10-30 11:43 | 建築 | Trackback | Comments(2)

犬山市内のモーニング

d0004728_10501146.jpg

これで380円
おいしくいただきました
トーストにアンコもなかなかです



by ame-no-michi | 2010-10-29 10:50 | | Trackback | Comments(2)

Reebok EASYTONE

d0004728_1232844.jpg
家内が購入。
その場で履き替え帰ってきたそうです。

普段よりちょっと足が疲れた感じがするとの印象。
ポンポン飛びながら歩いている感じだそうです。

確かに靴を裏返して写真を撮るなんて珍しいですよね。


効果があるんでしょうか(笑)。



by ame-no-michi | 2010-10-28 12:34 | private | Trackback | Comments(2)

雨を制御し、活用する新たな建築をめざして

d0004728_7581346.jpg

「雨を制御し、活用する新たな建築をめざして」

第33回 水環境シンポジウムが下記の通り開催されます。


「水循環系の再生」の手がかりのひとつとして、
建築が「雨水をいかに制御し活用するか」を考える。

建築における雨水活用システムのガイドラインづくりを来年3月を目処に作成中。
その刊行に先立ったシンポジウム開催となります。

私も参加する予定です。
多くの皆さんに来場いただければ幸いです。


主 催 : (社)日本建築学会
日 時 : 2010年11月13日(土) 13:00 ~ 17:00
会 場 : 建築会館 大ホール

参加費 : 1500円(会員1000円、登録メンバー・後援団体1200円、学生500円)
定 員 : 150名 (事前申込制)
申し込み方法 :催し物名称、氏名、勤務先、所属、住所、電話番号を明記し下記申込先へ、
メールまたはFAXにてお申し込みください。
申込期限 : 11月10日 (締切日前でも、定員になり次第締め切ります)
申し込み・お問い合せ先:(社)日本建築学会 担当:酒井氏
mail:sakai@aij.or.jp FAX: 03-3456-2058


プログラム
主題説明 : 小瀬博之 (東洋大学准教授)

1.雨水活用システム規準案解説  
1). 設計規準 : 神谷博 (法政大学兼任講師)  
2). 製品規準 : 屋井裕幸 ((社) 雨水貯留浸透技術協会)  
3). 施工規準 : 青木一義 (西原衛生工業所)  
4). 運用規準 : 中臣昌広 (文京区文京保健所)

2.コメント「今日の水問題と雨水の役割」  
1). 島谷幸宏 (九州大学教授) : 流域で取り組む雨水制御  
2). 古米弘明 (東京大学教授) : 都市の水循環とリスク管理  
3). 細見寛 (国土交通省中国地方整備局副局長)

次世代に向けた統合的な治水
3.パネルディスカッション「雨を活用する新たな建築を目指して」  
コーディネーター : 村川三郎 (広島大学特任教授)
パネリスト : 神谷博、屋井裕幸、青木一義、中臣昌広、島谷幸宏、古米弘明、細見寛



by ame-no-michi | 2010-10-27 07:59 | 雨のみち | Trackback(2) | Comments(0)

住まい手からのお手紙

d0004728_6492146.jpg

雨くんのひとり旅 気に入っていただいたようです。
雨くんのお母さんのつもりで、お子さんに読んでいただいているようです。
ありがとうございます。

「子どもはお弁当を持って、彼らなりの冒険(初体験はすべて冒険です!)に出るのが大好きです。」

確かにそうですね。
冒険とまではいきませんが、韓国視察も私にとって、よい経験でした。


雨くんのイラストつき。
ランニングシャツがステキとありますが、改めて見なおしてしまいました(笑)。

絵を描いていただいた方に確認してみたいと思います。



Leaf というお店を営んでいる方からいただきました。
ありがとうございます。また新たな出会いですね。

今度香川県に出向く機会に立ち寄ってみたいと思います。



by ame-no-michi | 2010-10-26 06:50 | 雨のみち | Trackback | Comments(0)

韓国視察から学ぶ

3泊4日の韓国視察から学んだこと

①住まいの中心はマンション
   ・戸建は田舎、高級住宅、別荘といった位置づけ 増える要素はありそう
   ・但し景気もあまり良くはない様子
②板金施工業が存在すると予想される
   ・戸建、工場などでは、予想以上に金属雨といが採用されている
   ・なぜ塩ビが少ないのだろうか?
③当社の製品・ものづくりに関心をもつ方が複数あった
   ・価格面での折り合いは正直難しいだろう


仕事で海外に出たのは久しぶり。しかも韓国は初体験。
行ったことで感じられること、得られる情報はかならずある。



by ame-no-michi | 2010-10-25 23:32 | マネジメント | Trackback(1) | Comments(0)

馬山市の銅屋根

d0004728_2382589.jpg
馬山市にある集会場の建物。
葺いて5年ほど経過しているようですが、色が変化し落ち着いてきています。
d0004728_2392640.jpg


d0004728_2394642.jpg
近所にあった格式の高そうな住宅の門の屋根。
銅素材が元から使われているわけではなく、
昔ながらの瓦のデザインを取り入れて屋根材にしたようです。


「どこかの先生たちが何か調査で来られたのですか?」
と地元の方に聴かれました。
スーツ姿の大人は珍しいようです。
この辺りは日本の田舎でも同じかも知れませんね。なんだかホッとしました。


その後、釜山に宿泊(夜の食事の撮影を忘れました)。
翌日帰国しました。



by ame-no-michi | 2010-10-25 23:15 | 建築 | Trackback | Comments(0)

コムタン

d0004728_2258155.jpg
コムタンでは韓国一というお店で遅めの昼食。
d0004728_22584843.jpg
まずはこんな感じでスタート。
このモツが歯ごたえもあり。美味しい。
青唐辛子も1本いただきました。(かなり辛い)
d0004728_22595736.jpg
これが本場のコムタン。
現地の方に「昨日と味が違うでしょ?」と問われましたが、
正直、どちらも美味しくて判りませんでした。

コムタンは家庭料理。
最近はつくる家庭も減っているようですが、皆さん、自宅でつくって食べるそうです。

また熟年夫婦の奥様がコムタンを作り出すと危ないという話があるそうです。
コムタンは大量に作って作りおき(冷凍保存も可)出来るそうです。
ご飯も炊いて冷凍しておけば、ご主人を1週間くらいほったらかしても大丈夫とか。

この味わいならさっぱりしているし、1週間くらい続いても大丈夫かもしれません(笑)。



by ame-no-michi | 2010-10-25 23:04 | | Trackback | Comments(0)

工場見学

大邱(テグ)にある工場をいくつか見学しました。
びっくりしたことは、通常の工場にもかかわらず、ステンレスの雨といがついている建物が多いこと。
d0004728_22424839.jpg

d0004728_224313.jpg

d0004728_22431656.jpg


内部は撮影の許可が得られず写真はありません。



by ame-no-michi | 2010-10-25 22:44 | マネジメント | Trackback | Comments(0)

光明駅

d0004728_22331716.jpg
翌日は早朝にKTX(韓国高速鉄道)で大邱(テグ)へ。
光明駅から乗車しました。

なにかヨーロッパの映画に出てきそうな感じです。

d0004728_22355543.jpg
びっくりしたことはKTX(他の電車も同じかも知れません)には改札口がありません。
切符を買わなくとも乗車できちゃいます。
でも無賃乗車が判明すると罰金が高額(10~20倍 現地の方の説明に寄る)。
光明駅→東大邱駅に移動中に、車掌が来ましたが、
購入した切符の座席情報を持っているようで、社内の改札もありませんでした。



by ame-no-michi | 2010-10-25 22:40 | 建築 | Trackback | Comments(0)

日々心動かされたことを記していきます
by ame-no-michi

フォロー中のブログ

irei blog
OMソーラーの家「Aib...
中里のひとり言
楽家記(らくがき)
K+Y アトリエ一級建築...
続・U設計室web diary
三代目のダイアリー
薪ストーブ大好き
時々日記
本間至/ブライシュティフ...
i+i
駿河木の家日記 sur...
”まちに出た、建築家たち...
「人と地球にやさしい建築...
NLd-Diary
建築家とつくる木の家 光...
サポーズ日和
「明日のいろは」あすなろ...
家づくり西方設計
伊藤寛のblog
ShopMasterのひ...
SAREX事務局ブログ ...
野沢正光建築工房BLOG
na blog
Rough&Ready(...
住と豆 studiosoy
アドさんの東奔西走記
NOBEX 私信
新建工舎設計の家づくり
エコ花の自然素材でつくる木の家
はなおか日和
石井秀樹建築設計事務所
大和にある青木工務店社長の日記
鯰組 ブログ
社長日記 国ちゃんの家造り
家-ie-のこと研究所
株式会社 ラック・プラン...
『スタッフ日記』
南信州木楽日記
IKEDA隊長BLOG
成長する家 子育て物語
ゆっくり、つながって
か ん ば ら 日 記
マイルスくんが行く(マイ...
一年三六五枚
断熱屋のぼやき
ノグチのグチ
小池一三の週一回
ひと・環境計画のエコ姫ブログ
飯田亮建築設計室×COM...
雑木林の家から-nishio
最新ニュース
村田淳建築研究室 対話
PRESS ROOM!!!
駿河工房設計室
鈴木工務店ブログ
Ms日記
製作所的日常  かねこ建...
阿蘇ぐらし・熊本ぐらし ...
池田建築店  別紙
g_sign
大西麻貴 + 百田有希
島田博一建築設計室のWE...
hotelli aalt...
最高の家作り by ST...
エヌテック スタッフブログ
akimichi des...
colors of life
カヅノキ日和
たのしいけんちくを、もっ...
いえづくりん
たなか新聞
SADI通信
みすみたてあきのブログ
今井ヒロカズ設計事務所
横内事務所のメモランダム
無垢の木の家・古民家再生...
代表ノサカの作業着スタイル。
四代目社長のまじめな木の...
ML日誌
日日日影新聞 (nich...
promostyl JA...
片付けたくなる部屋づくり
国産材・県産材でつくる木...
a piece of d...
山崎壮一のブログ  so...
創造の加子母(かしも)っ...
野崎哲郎建築設計事務所 ...
sato-blog
Camphortreeの日常
ココチいい木の家をつくろ...
吉田建築計画事務所 -日記-
株式会社 郡司建築
村田淳建築研究室 つれづれ
暮らしをつくる、DIY*...
高知・(有)山陽工務店の仕事
やんちゃな小哲日記
*Lotus Ring*
iPhoneで撮る建築写...
ギャラリー上り屋敷
あさひワークスの心地よい...
堀井工務店ブログ
木のいえブログ
ベガラン 
Cafe Dining ...
Maki's Diary
屋上niwa 屋上庭園
design room OT3
AIBA放送 Say Y...
Keriworks diary
KUMA LAB BLOG
女性建築家の本当に暮らし...
はじめの一歩
欅がるてん
vega blog
暮らしの工房日記
現場のことは俺に聞け!~...
ココラボ通信設置店よりお...
荻野風景日記
ikuzzak arch...
あいらば
暮らしを奏でる家づくり
HIGE WAN HOM...
亀山建築から発信するすま...
暮らしの工房 blog
イシハラスタイル
みのわ建築設計工房 blog
ヒデキチズム
大野建設の熊谷市注文住宅展示場
kokolab
島田市 / ここらぼの家
大野建設の行田市注文住宅...
こなから建築工房 徒然日記

最新のコメント

最新のトラックバック

66,000km
from Yan's diary
63,000km
from Yan's diary
62,000km
from Yan&#39;s diary
61,000km
from Yan's diary
60,000km
from Yan's diary
59,000km
from Yan&#39;s diary
58,000km
from Yan's diary
57,000km
from Yan&#39;s diary
56,000km
from Yan&#39;s diary
今日のゴーヤー(0625)
from Yan&#39;s diary

ファン