<   2009年 10月 ( 33 )   > この月の画像一覧




浜松といえば・・・

d0004728_12231145.jpg
お昼はうな重を頂きました。
村田さんご推薦のお店 かんたろう です。
我々が行ったのは、蜆塚店。浜松市役所まで車で5分くらいのところです。
注文してから、鰻をさばくので出てくるまでに結構時間がかかります。
時間に余裕をもって行きましょう。(5分で食べ終え、市役所に向かいました)
関西風のパリッとしながらも、ジューシーな鰻。おいしく頂きました。
浜松に来る機会には立ち寄りたいと思います。

d0004728_12332152.jpg
そしてこちらは皆さんもご存じの真夜中のお菓子うなぎパイ。
なんとV.S.O.P.なるものが発売されていました。
翌日、タニタに行く予定になっていたので手みやげに購入。
秘書の方は既にご存じのようで、「食べてみたかった」といわれました。
各社10枚ずつおみやげにしましたが、お味は如何だったでしょうか?  



by ame-no-michi | 2009-10-31 12:37 | | Trackback | Comments(2)

中小企業総合展2009

中小企業総合展 に 知人の企業 が出展します。
なかなかおもしろい企画なのでお時間のある方は是非ご来場下さい。
2009年11月4~6日 東京ビッグサイト 東1・2ホール
d0004728_15163152.jpg
               環境部長

d0004728_1517854.jpg
               ゆあらぼ



by ame-no-michi | 2009-10-30 15:20 | マネジメント | Trackback | Comments(0)

「電」

中部電力の方とお食事する機会がありました。
その際に話題になったのが 「電」 という漢字がなぜできたのか?

漢字のことなら、ということで書家の吉田さんに聴いてみました。

「電」=雨+申

「申」は稲妻の形を表しているそうです。
「雨」は気象を表す字につけられることが多い。

「電」とすることで、稲妻・稲光、稲光のように早いといった意味を持っているそうです。

電撃・電光石火などはそんな意味をもっていますね。

また現在は電気を意味する言葉として使われていることが多いとのこと。

以上は、吉田さんが持っている白川静先生の辞書によるそうです。


電気 と 雨のみち つながりがあるのかもしれません。



by ame-no-michi | 2009-10-29 13:33 | 雨のみち | Trackback | Comments(4)

久しぶりに・・・

d0004728_2343547.jpg
ひさしぶりに 地球のたまご に行ってきました。
相変わらず見学者も多いようです。
今日は、四日市の商工会の方々、バス2台でお越しになっていました。

採用の御礼はもちろんですが、今回はもうひとつ目的があり、時間を頂きました。

その後、浜松市役所へ。村田さんにも同席頂きました。

自然と関わる暮らし方が広がることを期待します。



by ame-no-michi | 2009-10-28 23:49 | 緑のカーテン | Trackback | Comments(0)

人間ドック

先ほど、人間ドックを終えました。
四捨五入すれば、50歳。
泊まりで検査されている方も増えているようなので、
そんなことも今後検討しなければと思い始めています。

病院も建替され、リニューアルオープンして初めてのドック。
いくつか変わったことがありました。
一番驚いたのは、2時間程度で検査結果の大部分が判ること。
そのデータに基づいて、最後の問診を行います。

食生活・お酒・運動と比較的いつも言われている指摘を頂いただけで終えました。
現時点では再検査もなさそうです。


既に新幹線に乗り込み、15時からの打ち合わせに向けて移動中。
バリウム検査も行ったので・・・・ ちょっと心配です(笑)。



by ame-no-michi | 2009-10-27 10:57 | private | Trackback | Comments(8)

物件案内

静岡では、森の木の代弁者に、いくつか現場を案内していただきました。
d0004728_1605140.jpg
まずは事務所にお邪魔しました。
この屋根材も今や販売中止になってしまいました。
なかなか良い感じで経年変化しているようです。
d0004728_1622412.jpg
最近の仕事について、模型等でお話を伺いました。
d0004728_1624593.jpg
その後、いくつか現場を見て回りました。
こちらは12月に完成予定の建物。既に軒といは取り付けられていました。
どのような外観に仕上がるのか楽しみです。
d0004728_164366.jpg
こちらは既に引渡になった現場。
庇に小さな手づくりの軒といがつけられています。
6m以上ある長さが継ぎ手がありません。
たてといも凝っています。
d0004728_1654464.jpg
奥まった位置につけられた窓の水切り。
通常の水切りで仕上げると汚だれが脇に出る汚だれを考え、
中央に雨水を集めて、小さなたてといをとりつけています。
確かに汚れは出ていませんでした。

雨のみちをデザインする

まだまだやらなければならないことがありそうです。



by ame-no-michi | 2009-10-26 16:11 | 雨のみち | Trackback(2) | Comments(2)

FURAIPAN

d0004728_6232561.jpg
d0004728_623335.jpg
d0004728_6234263.jpg
d0004728_6235110.jpg
d0004728_6235850.jpg
d0004728_624619.jpg
久しぶりのフレンチ
森の木の代弁者にご馳走になりました。
どれもとてもおいしく頂きました。
ごちそうさまでした。

FURAIPAN (予約客のみ)



by ame-no-michi | 2009-10-25 06:28 | | Trackback | Comments(6)

雨とい授業の様子

予告通り、雨といの授業を実施してきました。
d0004728_1410492.jpg
昨年よりも学生の人数が増えています。
雨のみち(雨とい)の歴史や実践事例、その役割などについて60分程度お話ししました。
まもなく こちらのブログ に学生諸君の感想がUPされる予定です。
どのような内容になるのかドキドキものです。
d0004728_14105623.jpg
最後に、すとっ葉ー(ユキノキ)のデモ器で雨が流れる様子を見てもらいました。
携帯で写真を撮る学生諸君もいました。

受講された多くの皆さんが、雨のみちも考えた住まいづくりを実践されることを期待します。



by ame-no-michi | 2009-10-24 14:19 | 雨のみち | Trackback | Comments(4)

Ms建築設計事務所

d0004728_17313142.jpg
大阪では、Ms建築設計事務所も訪ねました。
タイミング良く三澤康彦先生にお会いすることができました。

お話のメインは、現在計画中のモデルハウスの話。
吉野の阪口製材所さんが、宿泊可能なモデルハウスを吉野の山の麓に建築されます。
もちろん、三澤康彦先生の設計です。

平屋の淡路瓦が乗った切妻屋根の建物。
銅雨といも似合いそうな雰囲気ですが、スタンダードのシルバーを採用頂くことに。
HACOを数棟採用頂いていますが、瓦にはやはり半丸(スタンダード)が良いとのお話でした。
「100%吉野材を採用するモデルハウス。
 一般の方でもこのような住まいづくりが十分可能なことを判ってもらいたい。
 銅雨といではちょっと高級感が漂いすぎて、敷居が高くなりすぎる。
 スタンダードが建物のイメージにピッタリ。」
そんなお話を頂きました。
銅の良さを理解していただき、うれしいような・・・残念なような・・・(笑)。

また軒先には、吉野樽をつかった雨水利用も計画中。
パッコンの活躍する場面もありそうです。

吉野の桜が咲く季節には竣工予定とのこと。

製材所が創るモデルハウス。木持ちの良い仕上がりになりそうです。

機会があれば、私も宿泊してみたいですね。



by ame-no-michi | 2009-10-23 17:32 | 建築 | Trackback | Comments(0)

KJワークス南大阪

d0004728_632549.jpg
大阪に行って来ました。
一度、伺いたいとおもっていたKJワークスさん南大阪にお邪魔しました。
山口さんと小一時間くらいお話ができました。
小国E-BOXのことや次の構想。
棟まどの活躍振り。弊社のガルバ材に対する評価など有り難いお話を伺うことができました。
d0004728_635381.jpg
玄関先では信楽くんを利用した雨水利用が実践されています。
50㍑なので、雨が降るとすぐにいっぱいになるようです。

お忙しい中、お時間を頂き、ありがとうございます。

雨水生活を実践される方が増えることを期待します。



by ame-no-michi | 2009-10-22 06:49 | 建築 | Trackback | Comments(0)

日々心動かされたことを記していきます
by ame-no-michi

フォロー中のブログ

irei blog
OMソーラーの家「Aib...
中里のひとり言
楽家記(らくがき)
K+Y アトリエ一級建築...
続・U設計室web diary
三代目のダイアリー
薪ストーブ大好き
時々日記
本間至/ブライシュティフ...
i+i
駿河木の家日記 sur...
”まちに出た、建築家たち...
「人と地球にやさしい建築...
NLd-Diary
建築家とつくる木の家 光...
サポーズ日和
「明日のいろは」あすなろ...
家づくり西方設計
伊藤寛のblog
ShopMasterのひ...
SAREX事務局ブログ ...
野沢正光建築工房BLOG
na blog
Rough&Ready(...
住と豆 studiosoy
アドさんの東奔西走記
NOBEX 私信
新建工舎設計の家づくり
エコ花の自然素材でつくる木の家
はなおか日和
石井秀樹建築設計事務所
週末は晴れても、雨でも
大和にある青木工務店社長の日記
鯰組 ブログ
社長日記 国ちゃんの家造り
家-ie-のこと研究所
株式会社 ラック・プラン...
『スタッフ日記』
南信州木楽日記
IKEDA隊長BLOG
成長する家 子育て物語
ゆっくり、つながって
か ん ば ら 日 記
マイルスくんが行く(マイ...
一年三六五枚
断熱屋のぼやき
ノグチのグチ
小池一三の週一回
ひと・環境計画のエコ姫ブログ
飯田亮建築設計室×COM...
雑木林の家から-nishio
最新ニュース
村田淳建築研究室 対話
PRESS ROOM!!!
駿河工房設計室
鈴木工務店ブログ
Ms日記
製作所的日常  かねこ建...
阿蘇ぐらし・熊本ぐらし ...
池田建築店  別紙
g_sign
大西麻貴 + 百田有希
島田博一建築設計室のWE...
hotelli aalt...
最高の家作り by ST...
エヌテック スタッフブログ
akimichi des...
colors of life
カヅノキ日和
たのしいけんちくを、もっ...
いえづくりん
たなか新聞
SADI通信
みすみたてあきのブログ
今井ヒロカズ設計事務所
横内事務所のメモランダム
無垢の木の家・古民家再生...
代表ノサカの作業着スタイル。
四代目社長のまじめな木の...
ML日誌
日日日影新聞 (nich...
片付けたくなる部屋づくり
国産材・県産材でつくる木...
a piece of d...
山崎壮一のブログ  so...
創造の加子母(かしも)っ...
野崎哲郎建築設計事務所 ...
sato-blog
Camphortreeの日常
ココチいい木の家をつくろ...
吉田建築計画事務所 -日記-
株式会社 郡司建築
村田淳建築研究室 つれづれ
暮らしをつくる、DIY*...
高知・(有)山陽工務店の仕事
やんちゃな小哲日記
*Lotus Ring*
iPhoneで撮る建築写...
ギャラリー上り屋敷
あさひワークスの心地よい...
堀井工務店ブログ
木のいえブログ
ベガラン 
Cafe Dining ...
Maki's Diary
屋上niwa 屋上庭園
design room OT3
AIBA放送 Say Y...
Keriworks diary
KUMA LAB BLOG
女性建築家の本当に暮らし...
はじめの一歩
欅がるてん
vega blog
暮らしの工房日記
現場のことは俺に聞け!~...
ココラボ通信設置店よりお...
荻野風景日記
ikuzzak arch...
あいらば
暮らしを奏でる家づくり
HIGE WAN HOM...
亀山建築から発信するすま...
暮らしの工房 blog
イシハラスタイル
みのわ建築設計工房 blog
ヒデキチズム
大野建設の熊谷市注文住宅展示場
kokolab
島田市 / ここらぼの家
大野建設の行田市注文住宅...
こなから建築工房 徒然日記
アトリエMアーキテクツの...

最新のコメント

相模原市などで地域経済紙..
by 相模経済新聞 芹澤康成 at 15:54
こちらこそよろしくお願い..
by ame-no-michi at 14:37
お返事ありがとうございま..
by naho-oohhaann at 15:41
お返事ありがとうございま..
by naho-oohhaann at 15:41
コメントありがとうござい..
by ame-no-michi at 09:10
初めまして。 こちらの..
by naho-oohhaann at 16:48
床下暖房のその後の様子、..
by ame-no-michi at 08:56
雨の中をお越しいただきあ..
by kokyu-ie at 09:45
心配ですね、、、少しでも..
by ktcうちだ at 11:48
こちらこそありがとうござ..
by ame-no-michi at 09:19