<   2009年 02月 ( 23 )   > この月の画像一覧




第2回国際太陽電池展

d0004728_1239344.jpg

第2回国際太陽電池展 にいってきました。

とにかく人の多さに驚きです。

製造・部品・計測などモノづくりに関する出展が数多く見られました。
関わる仕事が広範囲にわたるようです。

海外からも出展も多く見られます。

何かでうまく関わっておきたいですね。



by ame-no-michi | 2009-02-27 12:42 | 環境 | Trackback | Comments(0)

雨水国際シンポジウム

報告が遅くなりました。
土曜日開催された雨水シンポジウムの報告です。

地球規模での水のマネジメントが重視される時代
一極集中・依存型から地域分散・自立型へ
以上の2点から雨水利用の果たす役割は役割は大きいと感じました。
遠い存在である雨とのかかわりを意識改革とシステムで
如何に根付かせていくかがポイントです。

規格化(システム)面では
・中水に位置づけられる雨水を上水に近い位置づけにすること
・地域分散・自立型社会をベースに、雨水利用の果たす役割を地域の財産として捉えること
・利用したい方の状況に合わせた設計、製品が提案できること

ドイツの雨水利用の規格DINの話や雨水貯留槽の水質の話
ソウル市のマンション計画で雨水利用(3,000tの貯留槽)導入で容積率3%UPの事例
狭小敷地でも充分雨水利用ができる都内住宅の事例

10時にスタートしたシンポジウムでしたが17時まであっというまでした。
青森や高知から参加されている方もあり、
雨水もやっと注目されるようになってきたようです。


最近雨の日が多い東京。
みなさんもこんな機会に雨について考えてみてはいかがでしょうか?



by ame-no-michi | 2009-02-25 18:46 | 雨のみち | Trackback(2) | Comments(0)

審査委員特別賞

ストップ温暖化「一村一品」大作戦の全国大会2009

東京都の代表として出場した 緑のカーテン応援団

審査委員特別賞「広げよう緑のカーテン賞」をいただきました。 パチパチパチ019.gif
 *理事長ご苦労様。鹿児島に行っていたために応援に行けずに失礼しました。

この広げよう緑のカーテン賞は7つのエリアが受賞しています。
緑のカーテンが全国に広がっていることが判りますね。
  *順不同だとは思いますが、応援団が一番上になっているのもうれしい


次は2ヶ月後(4/17)に板橋で開催される
第2回全国緑のカーテンフォーラム ですね。



by ame-no-michi | 2009-02-22 14:07 | 緑のカーテン | Trackback(3) | Comments(0)

ただいま充電中

ソーラーはつでんキットたんぽぽ

先日、申込をした ソーラーはつでんたんぽぽ が届きました。
d0004728_13121267.jpg
思っていたよりもコンパクトでどこでも持ち運べそうです。
早速2Fのバルコニーに置いて発電してもらっています。
d0004728_13131896.jpg

USBケーブルを通じて充電できるアダプターを100円ショップで購入。
それを使って携帯電話の充電中です(赤く光ってます)。
ウォークマンなどの充電にも使えそうです。

これで晴れの日も楽しみになりました(笑)。

USBケーブルで充電できる これ を購入してみて試したいと思います。



by ame-no-michi | 2009-02-22 13:21 | 環境 | Trackback(1) | Comments(2)

いよいよ明日です

d0004728_843295.jpg
国際シンポジウム
「雨水利用建築の規格化とその効果」

明日は私も1日会場にいる予定です。
お時間のある方は是非ご覧か下さい。

会場:建築会館ホール

10:00 開会 開会挨拶 東京理科大学 鈴木信宏名誉教授
10:15 基調講演 「地球環境と雨水利用」 広島大学 村川三郎名誉教授
11:00 ワーキンググループ報告
      「設計における課題」  雨水設計WG 佐藤清主査
      「事業者の取組」    雨水事業WG 屋井裕幸主査
      「雨水の都市における
       新たな水資源としての制度化に向けて」 雨水精度WG:村瀬誠主査

 昼食休憩

13:00 海外報告
      「ドイツにおける規格化の現状」 建築家 クラウス W.ケーニッヒ先生
      「ソウルの新しい雨水政策:4alls for aii」 ソウル大学 ムーヨング・ハン教授

 休憩

15:15 パネルディスカッション
      「雨水利用建築の規格化とその効果」
       主題説明 雨水利用システム企画小委員会 神谷博主査
       コーディネーター:神谷博主査
       コメンテーター:佐藤清主査・屋井裕幸主査・村瀬誠主査
       パネリスト
        「雨水で涼房」 アルキテクタ都市建築設計室 黒岩哲彦先生
        「雨水の水質」 文京区文教保健所 中臣昌広さん
        「雨水で洗濯」 東京洗剤プロジェクト 早坂悦子さん

17:00 終了予定



by ame-no-michi | 2009-02-20 08:54 | 雨のみち | Trackback(1) | Comments(0)

かごしま緑のカーテン&ビオトープシンポジウム

d0004728_1643241.jpg
2/14に開催されたシンポジウム
実はこの参加のために鹿児島を訪れました。

主催は鹿児島県体験的環境学習研究会。
小学校の先生であり事務局長の岩切先生がこのシンポジウムをとりまとめました。
開催前に東京までわざわざ取材をかねてお越しになるほどの力の入れようです。

d0004728_16423118.jpg

応援団菊本さんの講演のあと、
今回のコンテストで受賞された皆さんから概要の発表がありました。

個人の部の松田さんは、
地域の省エネ活動の一環として緑のカーテンに取り組みました。
来年度は多くの方が実践されることでしょう。

団体の部の池田小学校。
実践してみてそのおもしろさに気づかれたようです。

ビオトープ部門では錦ヶ丘幼稚園が受賞。
幼少時の自然とのふれあいは、
心身共にタフな子供に育つ大切な活動だと熱く語られました。

講評では当会の顧問である成見先生が
・人間も自然の一員であることを前提に環境教育を取り組むこと
・緑のカーテンは身近な環境活動の幕開けである(カーテンに引っかけて)
とまとめていただきました。

既に様々なところで芝生化が進んでいる鹿児島市。
本シンポジウムをきっかけに、この夏は緑のカーテンが一気に広がりそうです。



by ame-no-michi | 2009-02-19 16:53 | 緑のカーテン | Trackback | Comments(2)

280円

すべての商品が280円の焼鳥屋に行って来ました。

トータルで食べ物を5品、飲み物を4品いただきました。

キャベツは1度頼むと食べ放題です。
焼き鳥は2本セットで結構大きく、食べ応え有り。
約30分かかるとり釜飯。固形燃料に火をつけ、卓上で仕上げます。
しっかりお焦げも出来て、おいしくいただきました。

生ビールも280円。その他いろいろな飲み物があります。
今回は生1焼酎3いただきました。

実は日経ビジネスに取り上げられているこのお店。
関東方面はこれから増えてくるようです。
HPを見ると自宅の近くにお店があり、それではと思い、立ち寄ってきました。
ひとりでちょこっと立ち寄るには良い感じです。

また一人2,800円(税別)で飲み食い放題もあります。(8名以上の団体、予約制)
飲むことに徹すれば、充分元がとれそうです。


d0004728_23284344.gif
鳥貴族



by ame-no-michi | 2009-02-18 23:30 | | Trackback | Comments(0)

不況に強い経営セミナー

友人の経営者の紹介で
不況に強い経営セミナー に参加してきました。

第1部は㈱ワイキューブの中川副社長
 ご自身の経験を元に成長戦略のお話を伺いました。
 判断軸を共有することの大切さ、ケーススタディは当社でも取り入れられそうです。

第2部は㈱プロフィットの久世社長
 組織営業について学びました。
 そのうち客を営業ではなく組織(会社)でフォローすることの大切さ。
 DB化の重要性を感じました。

共通した点は中間管理職の育成
ドラッカーマネジメントで学んできたことがベースにあるので、いろいろ活用できそうです。
15社程度の参加でしたが、間違いなく私が一番長老。
講師の二人も40代。
こうした若い方たちと共に学ぶことも貴重な体験でした。

機会をいただきありがとうございます。



by ame-no-michi | 2009-02-18 23:11 | マネジメント | Trackback | Comments(0)

初体験

d0004728_16554392.gif
初めて夜行バスに乗りました。
東京駅23:30発 → 大曲駅8:15(予定より45分遅れ)
雪と風で少し遅れたようです。

思ったよりも良く眠れたなあと思いましたが、
今頃になってちょっと眠くなっています。
これから東京に戻ります。



by ame-no-michi | 2009-02-17 16:57 | private | Trackback | Comments(0)

路面電車

d0004728_12374350.jpg
一部、芝生化がされています。
鹿児島市民の90%以上の方がこの施策には賛成とのこと。
今までとは違い、写真やスケッチをする人が出てきているとか。

想定外の効果としては、路面電車の走る音の軽減にもつながったそうです。
「電車が近づいてくる音が聞こえづらくなった」
線路を整備する方からのコメントだそうです。


暖かい季節だと このような感じ のようです。



by ame-no-michi | 2009-02-16 12:43 | 環境 | Trackback(1) | Comments(8)

日々心動かされたことを記していきます
by ame-no-michi

フォロー中のブログ

irei blog
OMソーラーの家「Aib...
中里のひとり言
楽家記(らくがき)
K+Y アトリエ一級建築...
続・U設計室web diary
三代目のダイアリー
薪ストーブ大好き
時々日記
本間至/ブライシュティフ...
i+i
駿河木の家日記 sur...
”まちに出た、建築家たち...
「人と地球にやさしい建築...
NLd-Diary
建築家とつくる木の家 光...
サポーズ日和
「明日のいろは」あすなろ...
家づくり西方設計
伊藤寛のblog
ShopMasterのひ...
SAREX事務局ブログ ...
野沢正光建築工房BLOG
na blog
Rough&Ready(...
住と豆 studiosoy
アドさんの東奔西走記
NOBEX 私信
新建工舎設計の家づくり
エコ花の自然素材でつくる木の家
はなおか日和
石井秀樹建築設計事務所
週末は晴れても、雨でも
大和にある青木工務店社長の日記
鯰組 ブログ
社長日記 国ちゃんの家造り
家-ie-のこと研究所
株式会社 ラック・プラン...
『スタッフ日記』
南信州木楽日記
IKEDA隊長BLOG
成長する家 子育て物語
ゆっくり、つながって
か ん ば ら 日 記
マイルスくんが行く(マイ...
一年三六五枚
断熱屋のぼやき
ノグチのグチ
小池一三の週一回
ひと・環境計画のエコ姫ブログ
飯田亮建築設計室×COM...
雑木林の家から-nishio
最新ニュース
村田淳建築研究室 対話
PRESS ROOM!!!
駿河工房設計室
鈴木工務店ブログ
Ms日記
製作所的日常  かねこ建...
阿蘇ぐらし・熊本ぐらし ...
池田建築店  別紙
g_sign
大西麻貴 + 百田有希
島田博一建築設計室のWE...
hotelli aalt...
最高の家作り by ST...
エヌテック スタッフブログ
akimichi des...
colors of life
カヅノキ日和
たのしいけんちくを、もっ...
いえづくりん
たなか新聞
SADI通信
みすみたてあきのブログ
今井ヒロカズ設計事務所
横内事務所のメモランダム
無垢の木の家・古民家再生...
代表ノサカの作業着スタイル。
四代目社長のまじめな木の...
ML日誌
日日日影新聞 (nich...
promostyl JA...
片付けたくなる部屋づくり
国産材・県産材でつくる木...
a piece of d...
山崎壮一のブログ  so...
創造の加子母(かしも)っ...
野崎哲郎建築設計事務所 ...
sato-blog
Camphortreeの日常
ココチいい木の家をつくろ...
吉田建築計画事務所 -日記-
株式会社 郡司建築
村田淳建築研究室 つれづれ
暮らしをつくる、DIY*...
高知・(有)山陽工務店の仕事
やんちゃな小哲日記
*Lotus Ring*
iPhoneで撮る建築写...
ギャラリー上り屋敷
あさひワークスの心地よい...
堀井工務店ブログ
木のいえブログ
ベガラン 
Cafe Dining ...
Maki's Diary
屋上niwa 屋上庭園
design room OT3
AIBA放送 Say Y...
Keriworks diary
KUMA LAB BLOG
女性建築家の本当に暮らし...
はじめの一歩
欅がるてん
vega blog
暮らしの工房日記
現場のことは俺に聞け!~...
ココラボ通信設置店よりお...
荻野風景日記
ikuzzak arch...
あいらば
暮らしを奏でる家づくり
HIGE WAN HOM...
亀山建築から発信するすま...
暮らしの工房 blog
イシハラスタイル
みのわ建築設計工房 blog
ヒデキチズム
大野建設の熊谷市注文住宅展示場
kokolab
島田市 / ここらぼの家
大野建設の行田市注文住宅...
こなから建築工房 徒然日記
アトリエMアーキテクツの...

最新のコメント